和太鼓集団雅組

Author:和太鼓集団雅組
愛媛県八幡浜市

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
3月4日(日) 松山市・愛媛大学の体育館にて、
大学の“ART LINK PROJECT ~震災の記憶をつむぎ 共に学び 未来へつなぐ”と
いう企画のもと、宮城県仙台市の民族歌舞団「ほうねん座」が公演をされたので、
ひらけん家、谷本家、私(akke)&私の友人のいなねーさんと観に行かせてもらいました。
ご案内をいただいた、松山の太鼓チーム「鼓太朗」の梅崎さんと樋口さん、
ありがとうこざいました。

ほうねん座

「人間らしく生きるとはどういうことか」
そう、“生きる”ということをテーマに公演されました。

そのような東北地方独特の文化が繰り出されながら考えさせられたことは、
“生きる”っていうことは、日常のことが当たり前に過ごせることを感謝することだなぁと。

ほうねん座さんの演目の中の、
男性3人による力強い労働歌を聴きながら、
歌を歌いながら、力仕事に勤しむ・・・
それは、娯楽のための歌ではなく、踏ん張るための歌、
演目として生まれたんではなく、日常の暮らしの中で生まれた文化なんだと、
改めて痛感しました。

東北のみなさんの“日常”が早く戻ることを願います。
スポンサーサイト

<< みつ君ファミリー来浜 | ホーム | 平成25年1月のスケジュール >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP