和太鼓集団雅組

Author:和太鼓集団雅組
愛媛県八幡浜市

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
ちりめん丼が食べたくなったので、
佐田岬半島の先端まで40キロほどドライブした。 ちりめんとはカタクチイワシの稚魚で
八幡浜では一般的だが、店でちりめん丼を
食べさせるとこはない。
・・・・・と思う・・・・・。

途中道の駅「きらら館」で名物のジャコカツをゲット
道の駅・伊方きらら館
きたなくかじった断面ですまん
昼ご飯前だったが、がまんできんかったらしい・・・
きらら館のジャコカツ

旧三崎町の中心部にやってきて「まりーな亭」でランチした。
三崎・まりーな亭

ここでは迷わず「ちりめん丼」を注文
ご飯が見えないぐらい。
ちりめんの厚さが1cmはある。
ちりめん丼
ちりめんにダシをかけて食べる
ダシをちりめんにかける
うまく表現できんけど、こにかくうまぁ~いい
(おっさんはモザイク処理)
ちりめんたっぷり

さざえ
みそ汁は魚のダシ
味噌汁は魚のダシ
店の内部にこんなオブジェもある。
まりーな亭のオブジェ
佐渡のMくん一家が来たら連れて行ってあげたいねぇ~
などと貴腐人が申しておりました。

せっかく三崎まできたので、もう少し
足を伸ばし正野地区まで行くことにした。
台風の影響でかなりの強風。

もともと風の強い土地なので、
このような石垣が作られた。
伊方町の有形文化財でもあり、
近代土木遺産Bランクになっているようだ。
防風石垣
入り口の向こうに民家が建っている。
三崎町正野地区の防風石垣
しかし今では巨大な防波堤が築かれていて、
石垣の役目は軽減された。
正野の防波堤

正野地区・佐田岬漁港の防波堤より三崎方面
防波堤に立って外をみると
吹き飛ばされそうだった。
外海は大時化

三崎~佐賀関のフェリーもほれこのとおり。
乗れば確実に酔う
三崎佐賀関フェリー

宇和海と瀬戸内海を交互に見ながら走る。
瀬戸内海側は割と波が静かだが、
どんよりしている。
瀬戸内海側もどんより

佐田岬半島は風力発電の風車が
50数機あって我が家の近くから
でもたくさん見ることができる。

これはほんの一部
佐田岬半島に立つ風車群

風車の根元から羽根を見る

正野から三崎に戻る途中、
「松」という地名を見つけたので
右折して探検。
keiの尊敬する先輩の古里らしく行くことにした。

山道を走ること30分、やっと松地区に到着。
海面からかなり上がったところに集落がある。
平地はほとんどない。
痩せてヤギみたいな犬に遭遇した。
怪しい者ではありません
わかったかどうか・・・。
松地区

松の集落を抜けると県道端に見舞崎灯台が現れた。
こんな道ばたにある灯台は珍しいんとちゃうやろか。
ちゃんと海から見えるんかな

見舞崎灯台

松地区・見舞崎灯台

くねくねの道を走り、やっと国道197号に
出ることができた。
近いけどなかなか行く機会のない佐田岬半島。
狭道を探検したらおもしろそうだった。

また行こうかな。
スポンサーサイト

<< 7月2日内子座「フラメンコ曽根崎心中」 | ホーム | 6月4日四国神楽大会 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP