和太鼓集団雅組

Author:和太鼓集団雅組
愛媛県八幡浜市

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
四国八十八カ所参りで西条(旧小松町)の香園寺へ行った。

keiは思うとこあってか、時々八十八カ所に行くように
なったので、ドライブがてら連れていっている

とてもお寺の本堂とは思えない外観
完全にビルやな
香園寺


その帰り、すぐ近くに近代土木遺産の「小松橋」
があることを思いだし、寄ってみることにした。

レトロな外観の立派な親柱だ。
当時は最先端のデザインだったのだろう。
今でもすばらしい
見ていると昔の土木技師と職人がどんな想いを込めてこれを
造ったのか聞いてみたくなった。
立派な親柱

大正十五年と読める。
大正十五年年とある

左岸上流には小松橋とかいてある。
左岸上流部は小松橋

橋灯も復元されているようだ。
どんな灯りがともるのか。夜見てみたい。
親柱と橋灯

ネットや本に載っている写真で見るよりずっと小振りな橋だったが、
とても大切に守られているようでうれしくなった。
香園寺側から小松駅方向を見る

一人で橋の周りをうろうろして写真も撮りまくったが、
keiは橋に興味もないようで、から降りず

keikoにとってはただの橋だったのか
スポンサーサイト

<< かふぇ ごじんや | ホーム | 2月11日(金)小島千絵子さん(鼓童)来浜 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。